4. 毎年18万人の子が両親の離婚を経験しその中には実子連れ去りという虐待を受けた子もいます

離婚を経験する子どもの中には幸いどちらの親とも会える子どももいます。

しかし中にはある日突然家から自分の意思に沿わず連れ出され、そのまま両親の離婚を受け入れ、別れて暮らす親と会いたくても会えないままの子どもも大多数存在します。

中には実際にDVを受けて命を守るために避難する方もいますが、そうでなく離婚を達成するために連れ去り離婚を実行するケースが後を絶ちません。

そうした連れ去り離婚の大多数のケースでは子を連れ去った親は別居して暮らす親と子どもを会わそうとしません。

実際に子どもが分かれて暮らす親と会いたくないというケースもありますが、そのようなケースでも一緒に暮らす親に忖度して会いたくないと言うケースもかなりの数で存在しています。これは両親の離婚を経験し、成人した子どもへのアンケート結果から出ています。

最も深刻なケースでは別れて暮らす親に会いたい、家に帰りたいと子どもが叫んでも願いを聞き入れてもらえないケースもあります。

関連記事

実子連れ去り

連れ去りには必ずビジネスが介在している

連れ去りは親一人だけではできません。必ずサポートする人間がいる。 弁護士、女性参画センター、児童相談所、生活安全課など数え上げるときりがない。 どれも利権、お金が絡み、家族を破壊することに何の躊躇もない人たち。 果たして

続きを読む