5. 愛する親からDVを受けた、会いたくないと言わされている子供たちがいる真実。

裁判で離婚を命じられるためには夫婦のどちらかに

有責性がなければ裁判所は離婚を命ぜない現状があります。

 

離婚をしようとしても相手に有責性が認められないことは多々あります。

そこで利用されるのが虚偽DVです。

DVを受けたと一方の親が申告するだけで、他方の親から自身や子の住所を隠匿する支援措置制度という行政の運用が問題となっております。

この制度ではDVの有無を確認することは一切ありません。しかし住所隠匿という親子断絶につながる権力の濫用が毎日日本のどこかで発生しています。

なかにはタレントのボビー・オロゴンさんのように指で配偶者を突いたとして逮捕される事件も発生しています。

これは日本でどれだけDVの認識が一致していないかという事の現れです。

ボビーさんは埼玉県警に逮捕されましたが、同県警は子を親に会わせないこともDVと認定しており、その差は著しいと言わざるを得ません。

中でも裁判所での争いに持ち込まれたケースになると、争いを有利に進めるために子に対して別居親からDVを受けたと虚偽の証言を強要するケースも後を絶ちません。

残念ながらそうなったとしてもDVの真偽を確かめることなく離婚の判決が下りることも多々あるのが現状です。

 

関連記事

実子連れ去り

連れ去りには必ずビジネスが介在している

連れ去りは親一人だけではできません。必ずサポートする人間がいる。 弁護士、女性参画センター、児童相談所、生活安全課など数え上げるときりがない。 どれも利権、お金が絡み、家族を破壊することに何の躊躇もない人たち。 果たして

続きを読む
私たちの活動

7. 親子交流の重要性を離婚前の段階から認識してもらう活動をし、離婚後の親子に交流の場を提供します。

私たちは離婚によって子が受ける影響を最小限にするためのあらゆる活動に取り組んでいます。 離婚が真に家族にとって必要であるかの見極め、離婚に向かう場合どうしたら子への影響を最小限に留められるかのアドバイス、離婚への話し合い

続きを読む